糖質制限して中性脂肪や血糖値を下げる方法 » 中性脂肪を減らすための基礎知識|中性脂肪・血糖値改善バイブル » 放っておくと怖い中性脂肪のリスク

放っておくと怖い中性脂肪のリスク

このページでは、血流悪化など中性脂肪が引き起こす肥満・高脂血症・高血圧といった生活習慣病について説明します。

肥満・高脂血症・高血圧など生活習慣病となる中性脂肪

中性脂肪と高血圧の関係を表す血圧測定のイメージ中性脂肪値が高いと身体にどんな悪影響があるか。それは悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールを増加させ、善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールを減少させることにあります。

血液中の悪玉コレステロールは血管の内壁にへばりついてしまい血流を悪化させ、高脂血症高血圧、さらには動脈硬化によって心筋梗塞脳卒中に至ることもあるほど。

さらに、中性脂肪を合成する肝臓にも負担がかかり、肝硬変肝臓癌になるリスクもあります。肝臓への悪影響は過度のアルコール摂取というイメージがありますが、中性脂肪の増加による肥満のヒトは、肝臓の健康にも十分注意をする必要があるのです。

中性脂肪値が高いことによる血液や血管への悪影響

上でも触れていますが、中性脂肪値は基準値より高いと様々な生活習慣病の原因になります。動脈硬化に至る仕組みについて、もう少し詳しく説明しておきましょう。

中性脂肪はまず、肝臓で合成されてVLDLというリボタンパク質として血液に送られます。このVLDLが血液中に増え過ぎるとHDLが減って、小型のLDLが増えてしまいます。小型LDLは血管壁内に入り込むため、それが小さな隆起になって血管を狭めることから、血流が悪くなって高血圧になるのです。

また、中性脂肪値が高くなるといわゆるドロドロ血になり、血管が詰まりやすくなりますし、血液の脂質が増えると血管壁が炎症を起こしやくもなるわけです。このように、血流や血管にとって様々な悪影響を及ぼすのが中性脂肪値の問題であり、心臓や脳の大病にもつながっていくのです。

なお、中性脂肪値が基準値より低い場合も要注意。栄養不足による動脈硬化もありえますし、肝臓や腎臓の機能を低下させることもあるのです。栄養としては不可欠な中性脂肪は、基準値を超えないような生活習慣によって予防するのがおすすめです。

中性脂肪が高いと病気のリスクを高める!

中性脂肪の増加によって、生活習慣病や重篤な病気にかかる恐れがあります。中性脂肪が引き起こす病気にはどういったものがあるのか見てみましょう。

脂肪肝

脂肪肝の症状と原因

脂肪肝は、肝臓の細胞にアルコールや糖の過剰摂取で中性脂肪がたまる状態を指します。その症状は、ほぼ無症状で、肝臓内の70%ほどの細胞が損傷しないと症状が自覚できません。

細胞が損傷する頃には、肝炎肝硬変、さらに悪化すると肝臓がんなどが起きている恐れがあります。

中性脂肪を排出する働きが鈍くなり、脂肪が蓄積することで血液に脂肪が多く含まれる状態になります。

その結果、血栓ができたり動脈硬化が起きたりなど、血管に異常が出る恐れがあります。

発見と対処・予防

脂肪肝は健康診断での血液検査、超音波検査で見つかります。予防や、改善策としては、過食やアルコールの過剰摂取などで肝臓に負担をかけないようにする必要があります。

動脈硬化

動脈硬化の症状と原因

動脈硬化は、動脈が中性脂肪により錆びつくような状態を指します。動脈内部が脂肪がこびりつき、動脈の柔軟性が損なわれます。

動脈内が汚れて狭くなり、動きが悪くなるとため、血の流れる力が弱くなります。自覚症状としては食後に意識が飛ぶほどの強烈な眠気を感じるなど、酸素不足の症状が起きることがあります。

さらに、血行不良や血管つまり血管の損傷が起こりやすくなることによって、狭心症や心筋梗塞など血を体に送り出す心臓部分に問題が起きる恐れがあります。

発見と対処・予防

CAVI検査にて動脈の硬さを検査し、動脈硬化を発見することができます。

予防としては、脂っこい食事を避ける他、禁煙・運動する習慣をつけるなどを取り入れて予防・対策をします。

狭心症・心筋梗塞

狭心症の症状と心筋梗塞になる原因

狭心症は、心臓の筋肉を動かして血液を体中に送るポンプの役割をしている冠動脈の血流が悪くなることで、胸に圧迫感や痛みが出る症状を指します。

血栓ができて心臓の血管に詰まると、心筋梗塞を引き起こす恐れがあります。

発見と対処・予防

心電図やCT検査や、心臓カテーテル検査、エコー検査などを行なって確認します。

血管の劣化から症状が起きるので、予防・対策には動脈硬化を予防する正しい生活習慣が重要です。

脳梗塞

脳梗塞の症状と原因

脳梗塞の症状は、動脈硬化や血管の老化・血中の中性脂肪が高くなることで、血液がドロドロになり、かたまり(血栓)ができて脳の細い血管に詰まることで発生します。

それから、体の片側だけの引きつりやしびれ、言語障害、頭痛などが起きます。

症状発生からさらに時間が経過すると、脳細胞の壊死や詰まった血管が切れるなど重篤な後遺症に繋がる恐れがあります。

発見と対処・予防

動脈硬化の検査段階で対策を取ることが重要です。しかし、すでに脳梗塞の恐れがある場合は、FASTのチェックをします。

顔(Face)に片側だけ引きつりや痙攣(けいれん)がないかチェックし、目を閉じた状態で腕(Arm)を上げてもらってその高さに大きなずれがないか確認します。

短文を話すこと(speech)ができるかチェックし、そのチェックに1つでも問題があれば、早急に病院へ向かうことが必要です。

処置ができる時間(Time)が速ければ、損傷を小さく抑えることができます。

【免責事項】
「糖質制限に役立つ!中性脂肪・血糖値改善バイブル」は個人が集めた情報を元に制作しました。
最新情報がお知りになりたい場合は、必ず各社公式サイトをご確認ください。