糖質制限して中性脂肪や血糖値を下げる方法 » 中性脂肪を減らすための基礎知識|中性脂肪・血糖値改善バイブル » 放っておくと怖い中性脂肪のリスク

放っておくと怖い中性脂肪のリスク

このページでは、血流悪化など中性脂肪が引き起こす肥満・高脂血症・高血圧といった生活習慣病について説明します。

肥満・高脂血症・高血圧など生活習慣病となる中性脂肪

中性脂肪と高血圧の関係を表す血圧測定のイメージ中性脂肪値が高いと身体にどんな悪影響があるか。それは悪玉コレステロールと呼ばれるLDLコレステロールを増加させ、善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロールを減少させることにあります。

血液中の悪玉コレステロールは血管の内壁にへばりついてしまい血流を悪化させ、高脂血症高血圧、さらには動脈硬化によって心筋梗塞脳卒中に至ることもあるほど。

さらに、中性脂肪を合成する肝臓にも負担がかかり、肝硬変肝臓癌になるリスクもあります。肝臓への悪影響は過度のアルコール摂取というイメージがありますが、中性脂肪の増加による肥満のヒトは、肝臓の健康にも十分注意をする必要があるのです。

中性脂肪値が高いことによる血液や血管への悪影響

上でも触れていますが、中性脂肪値は基準値より高いと様々な生活習慣病の原因になります。動脈硬化に至る仕組みについて、もう少し詳しく説明しておきましょう。

中性脂肪はまず、肝臓で合成されてVLDLというリボタンパク質として血液に送られます。このVLDLが血液中に増え過ぎるとHDLが減って、小型のLDLが増えてしまいます。小型LDLは血管壁内に入り込むため、それが小さな隆起になって血管を狭めることから、血流が悪くなって高血圧になるのです。

また、中性脂肪値が高くなるといわゆるドロドロ血になり、血管が詰まりやすくなりますし、血液の脂質が増えると血管壁が炎症を起こしやくもなるわけです。このように、血流や血管にとって様々な悪影響を及ぼすのが中性脂肪値の問題であり、心臓や脳の大病にもつながっていくのです。

なお、中性脂肪値が基準値より低い場合も要注意。栄養不足による動脈硬化もありえますし、肝臓や腎臓の機能を低下させることもあるのです。栄養としては不可欠な中性脂肪は、基準値を超えないような生活習慣によって予防するのがおすすめです。

【免責事項】
「糖質制限に役立つ!中性脂肪・血糖値改善バイブル」は個人が集めた情報を元に制作しました。
最新情報がお知りになりたい場合は、必ず各社公式サイトをご確認ください。