糖質制限して中性脂肪や血糖値を下げる方法 » 血糖値を下げるための基礎知識 » 放っておくと怖い血糖値のリスク

放っておくと怖い血糖値のリスク

このページでは、血流悪化など血糖値が引き起こす肥満・高脂血症・高血圧といったメタボリック・生活習慣病について説明します。

高脂血症・高血圧など生活習慣病と高い血糖値の関係

血糖値が高いと起きる血管の損傷のイメージ血糖値が高い状態、高血糖が続くと身体中の血管に悪影響を及ぼして複数の病気に至るリスクが高まってしまうのです。血管の内壁が傷ついたり、血管が硬化したりすることで、結果的に血管が詰まりやすくなります。その結果、細部の血行が悪化して起きるのが糖尿病の合併症。糖尿病網膜症糖尿病腎症糖尿病神経障害など頭部から足先まで、多くの病気の原因になります。

加えて太い血管でも血流が悪化するため、動脈硬化となり、それが進むと脳卒中脳梗塞心筋梗塞狭心症といった命に関わる重病になってしまいます。動脈硬化は高脂血症や高血圧といったメタボリック・生活習慣病とも合わさってリスクを高めるので、くれぐれも注意してください。

メタボリック・生活習慣病だけじゃない、血糖値が高いことのリスク

生活習慣病という括りではないものの、血糖値が高いことによりリスクが高まる病気はいくつもあります。

例えば認知症。オーストラリアの大学が研究した結果によると、60~64歳の被験者で、血糖値が高い場合は加齢に伴う脳の萎縮が早まるということがわかっています。

九州大学の研究からは、血糖値が高いヒトはそうでないヒトと比較して、癌での死亡率が3倍以上高まるということも発表されています。

さらに、高血糖は歯周病とも関係があります。血糖値が高いと尿が多く出る傾向があり、水分不足が唾液量の減少につながって、口内での菌の繁殖を増加するため、歯周病になるわけです。糖尿病のヒトは水分補給を心掛ける必要がありますが、それは血糖値の問題に留まらず、歯にまで悪影響を及ぼします。

このように、血糖値が高いことが原因で引き起こされる病気は多種多様。血液の問題だけに高脂血症や高血圧との関係はイメージしやすいものの、目や歯などの病気にも関係する恐ろしいものだと知っておいてください。

【免責事項】
「糖質制限に役立つ!中性脂肪・血糖値改善バイブル」は個人が集めた情報を元に制作しました。
最新情報がお知りになりたい場合は、必ず各社公式サイトをご確認ください。