糖質制限して中性脂肪や血糖値を下げる方法 » 血糖値を下げる対策を危険度別に紹介

血糖値を下げる対策を危険度別に紹介

このカテゴリーでは、体質や食事の栄養バランスなどから予想される血糖値に起因するリスクを検証して、血糖値を下げるための対策を紹介しています。

プロが提案する糖質制限メニューなど、今すぐ始める血糖値対策とは

トップページの診断では危険度を低・中・高に3分類していますが、血糖値が気になるヒトなら誰でも一番不安になるのはなんといっても糖尿病でしょう。糖尿病の発症原因は3つあって、1型糖尿病は遺伝やウイルス感染によるもので生活習慣とは関係がありません。問題は2型糖尿病で、これはさらにインスリン抵抗性インスリン分泌不全に分類されます。

インスリン抵抗性とは体内でインスリンを有効に利用できない状態の意味。インスリンは分泌されているのに血糖値が下がらないため、より多くのインスリンを分泌するようになり、血中のインスリン濃度が濃くなる高インスリン血症になるリスクがあります。これは炭水化物や脂肪の摂り過ぎが原因です。

一方、インスリン分泌不全は文字通りインスリンの分泌が少ない状態。そのため、食後に上昇した血糖値が下がりにくくなってしまいます。遺伝による場合もありますが、食べ過ぎや運動不足とも関係があると言われています。

そこで、詳細ページでは外食も含めた食生活の改善点に加えて、運動や対策になるお茶・サプリなどを紹介しています。これらは管理栄養士・ダイエットコーディネーターである水谷俊江さんが監修した内容で、対策も水谷さんが提唱するもの。糖尿病に限らず将来の病気リスクを減らすためにも、今日から実践することをおすすめします。

【免責事項】
「糖質制限に役立つ!中性脂肪・血糖値改善バイブル」は個人が集めた情報を元に制作しました。
最新情報がお知りになりたい場合は、必ず各社公式サイトをご確認ください。