糖質制限して中性脂肪や血糖値を下げる方法 » あなたはいくつ当てはまりますか?中性脂肪を増やす様々な要因 » 人間関係などが原因で発生するストレスが中性脂肪を増加させる~上手なストレス解消法

人間関係などが原因で発生するストレスが中性脂肪を増加させる~上手なストレス解消法

ストレスが中性脂肪の原因となる仕組み

ストレスの防御反応で分泌されたホルモンによる影響

強いストレスを感じると、「興奮系ホルモン」と「ストロイドホルモン」というホルモンの分泌が増えます。

興奮系ホルモンには、血圧や血糖値を上昇させる「アドレナリン」や神経を興奮させる「ノルアドレナリン」、快感を増幅させる「ドーパミン」などがあります。

これらの分泌が増えると、交感神経が優位になり、血糖値の上昇や血流の減少などを引き起こすため、中性脂肪が増えやすくなるのです。

ストロイドホルモンは、たんぱく質を糖分や脂肪に変えてしまうという作用があります。結果、血糖値の上昇を招いてしまい中性脂肪が増えやすくなってしまいます。

ストレス解消をするための暴飲暴食が増える

人間はストレスを感じると、ストレスを打ち消す作用を持っているドーパミンを出そうとします。

食事は、簡単にドーパミンを出せる行為です。その手軽さゆえに、ストレスから逃れようとして、食欲の歯止めが利かなくなり暴飲暴食をしてしまう人が多いのです。

上手にストレス解消ができていれば、ドーパミンが分泌されるため、食欲を制御できます。しかし解消できずにストレスが溜まっていると、暴飲暴食を引き起こして、中性脂肪を増やす原因となってしまいます。

30代以降になると、男性は働き盛りのため、仕事でストレスを感じやすいです。女性は、結婚や子育てなどライフスタイルの転機が多い時期なので、あらゆる場面でストレスを感じます。

ストレスを解消しないまま過ごしていると、ホルモンの影響によって中性脂肪が増加してしまうため、気をつけなければなりません。

中性脂肪を増やさないためのストレス解消法

ストレスの解消法がわからないという方は、こちらで紹介するストレス解消法を試してみましょう。

解消法1「紙に自分の考えを書く」

強いストレスを感じている時は、頭は混乱しています。怒りや不安が頭の中をグルグルと回っている状態なので、どうして良いのかわからなくなってしまいます。

そんな時に紙の自分の考えを書くだけで、ストレスを解消することができます。その理由は、自分の頭の中にある怒りや不安を整理できるからです。

1度紙に書いて、自分を客観視してみることで、怒りや不安に対する対策法も見えやすくなります。

解消法2「睡眠をしっかりとる」

睡眠の重要性はわかっていても、忙しくてなかなか睡眠がとれないという人は多いでしょう。実は、質が高い睡眠をとることは、効果的なストレス解消法です。

なるべく質が高い睡眠をとるためにも、ベッドに入る1時間前には部屋を暗くして、身体を眠るスイッチに変更しましょう。

ベッドに入ってからスマホを触る人がいますが、スマホの明かりが強く、眠りを妨げる原因となるので触らない方が良いです。

解消法3「ストレスになることを習慣化する」

人間というのは、「決定」する回数が多くなればなるほど、ストレスを感じるようになっています。

決定するかどうか悩んでいる時は、緊張状態になっているので、実は強いストレスを感じているのです。そのため、ショッピングで買うかどうか悩んでいる時もストレスを感じていますし、晩御飯の献立を考える時もストレスを感じているのです。

この「決定」を少なくする方法が、習慣化です。日々の行動を同じパターンにして、習慣化すれば、決定をしなくても良いのでストレスが解消できるのです。

些細なことかもしれませんが、些細なことが積み重なってストレスとなっているので、習慣化することはとても大切と言えます。

解消法4「瞑想をする」

瞑想というのは、宗教的なイメージが強いですが、本格的な瞑想でなくてもストレス解消の効果は実感できます。

やり方としては、リラックスできるような姿勢をとり、頭を空っぽにするだけです。15分~30分程度この状態を維持するだけで、頭はとてもスッキリします。

とてもシンプルなことですが、人間は無意識の内に、色々な考えごとをしています。

そのため意識的に頭を空っぽにしないと、頭が疲労して、ストレスを感じてしまうのです。定期的に瞑想をすれば、頭も心もリフレッシュできるのでおすすめです。

【免責事項】
「糖質制限に役立つ!中性脂肪・血糖値改善バイブル」は個人が集めた情報を元に制作しました。
最新情報がお知りになりたい場合は、必ず各社公式サイトをご確認ください。