糖質制限して中性脂肪や血糖値を下げる方法 » あなたはいくつ当てはまりますか?中性脂肪を増やす様々な要因 » 中性脂肪を増やすアルコール

中性脂肪を増やすアルコール

「食事に気を付けているのに、なかなか中性脂肪が減らない…」。

こんな悩みをお持ちの方は、お酒を飲みすぎている可能性があります。なぜなら、アルコールは中性脂肪を増やしてしまう原因のひとつなのです。

ここでは、アルコールと中性脂肪の関係について詳しく説明していきます。

アルコールの基礎知識

 まずは簡単に、アルコールについて説明していきましょう。

アルコールは、本来、身体には必要ないもの。身体からすれば、毒のようなものであり肝臓で分解・解毒されてから体外へ排出されます。

アルコールは分解されると、まずアセトアルデヒドという物質になりますが、これが毒性作用のある有害物質。吐き気や頭痛、二日酔いの原因です。

そこから、アセテート(酢酸)という無害な物質に分解され、やっと体外へ排出されます。

アルコールのいい作用(適量の場合)

  • 食欲増進
  • 血行促進
  • ストレスの緩和 

アルコールが中性脂肪を増やす仕組み

アルコールを大量に摂取することは、中性脂肪の増加に繋がります。

ですが、アルコールの場合は脂肪や糖質のように、摂り過ぎた分が中性脂肪へ変化するというわけではありません。

アルコールは体内に入ると肝臓で分解されますが、このとき、肝臓で行われているほかの処理が後回しになります。

そして、脂肪酸の分解は後回しにされる処理のひとつで、脂肪酸は中性脂肪の元となる物質になります。

そのため、アルコールが分解されずに肝臓に溜まる=中性脂肪が増えるということになります。

また、アルコールは分解されるときに、中性脂肪の合成を促す酵素を発生させます。

中性脂肪の元(脂肪酸)を肝臓に溜め込み、さらに中性脂肪の合成を促す。これが、アルコールが中性脂肪を増やしてしまう仕組みです。

さらに、お酒の種類によっては糖質が多く含まれます。余分な糖質は中性脂肪へと変わってしまいますから、これも中性脂肪を増やす原因のひとつと言えるでしょう。

おつまみにも要注意

お酒によく合うおつまみの中には、油っこく高カロリーなものも多くあります。

アルコールの作用のひとつに食欲増進というものがありますから、油っこく高カロリーなおつまみを食べ過ぎてしまいやすくなると言えるでしょう。

ただし、何も食べずにお酒を飲めばいいというわけではありません。お酒の飲みすぎを防ぐためにも、低糖質・低脂質でお腹に溜まりやすいおつまみを選ぶようにしましょう。

中性脂肪を気にする人のお酒の付き合い方

「甘いお酒を飲まなければいい」「焼酎には糖質が含まれないから大丈夫」というようなことをよく聞きますが、これは関係ありません。

お酒には総じてアルコールが含まれているわけですから、どんなお酒でも大量に飲めば中性脂肪は増加します

比較的よくお酒を飲む方で中性脂肪が気になるなら、お酒の量を減らすことが一番です。

【厚生労働省によるお酒の適量】

  • 焼酎:0.6合(110ml)
  • ビール:中びん1本(500ml)
  • 日本酒:1合(180ml)
  • ウイスキー:ダブル1杯(60ml)
  • ワイン:グラス1杯半(180ml)

また、週に2日はまったくお酒を飲まない日(休肝日)をつくることが推奨されています。

この適量を目安に、お酒の量を調整するようにしましょう。

1杯お酒を飲んだら1杯水を飲む、というように水をはさみながら飲むというのも、飲みすぎを防げるのでおすすめです。

中性脂肪が気になる方におすすめのおつまみ

刺身・焼き魚

ブリやカツオといった青魚には、中性脂肪を減らす効果が期待できるDHAEPAが豊富に含まれています。

焼き魚でもいいですが、調理工程で流れ出てしまう分があるので、刺身が最もおすすめです。

枝豆

肝臓の働きを助ける、ビタミンB1やたんぱく質が豊富。アルコールの分解を促してくれます。

豆腐

高たんぱく低カロリー。また、大豆に含まれるレシチンが、肝臓に脂肪が溜まってしまうのを防いでくれます。

豆腐サラダとして野菜と一緒に食べれば、お腹に溜まるので食べ過ぎも防げるでしょう。

糖質や脂質が少ないということのほかに、含まれる栄養素にも注目しておつまみを選ぶようにしましょう。

DHAやEPAのように、中性脂肪を減らす効果が期待できるものや、ビタミンB1のように肝臓の働きを助ける栄養素が含まれているおつまみはおすすめです。

健康のためにはお酒の量を減らすこと

「適度なお酒は健康にいい」という言葉がありますが、これはアルコールがいい影響をもたらしてくれるわけではなく、お酒の原料に含まれる栄養素によるものがほとんどです。

例えば、赤ワインは動脈硬化の予防に役立つと言われていますが、これはポリフェノールの効果によるもの。ポリフェノールは、赤ワインの原料となるブドウに豊富に含まれるものです。

アルコールには善玉コレステロールを増やすという作用があるため、「いい作用もあるのでは?」と思ってしまいますが、善玉コレステロールは中性脂肪が増えることで減少してしまいます。

アルコールの大量摂取は中性脂肪を増加させますから、結局相殺されてしまうというわけです。

適量のお酒を飲んで健康を維持するのではなく、健康を維持するためにお酒の量を控えるようにしましょう。

【免責事項】
「糖質制限に役立つ!中性脂肪・血糖値改善バイブル」は個人が集めた情報を元に制作しました。
最新情報がお知りになりたい場合は、必ず各社公式サイトをご確認ください。